2007年4月25日

何故か首位の千葉ロッテ

 プロ野球パ・リーグは現在24〜27試合を消化したところですが、下位球団をきちんと叩いた千葉ロッテが5連勝で一気に首位に躍り出ました。

 元々ロッテというチームは例年春に好成績を残し、梅雨の前後に大型連敗で順位を落とし、シーズンが終わる頃にはBクラスというのが定番だった(交流戦の開始と共に少し変わりましたけど)わけですが、それにしても腑に落ちないのは内容と結果が全くかみ合っていないことです。

 今日は簡単な連絡程度しか仕事がありませんでしたので、夜はYahoo!動画で北海道日本ハムvs千葉ロッテの試合を観ていました。

 現在連勝中ではあるのですが、攻撃を見ている限りそのような勢いは全く感じませんし、連勝中も守備のミスやベンチワークのまずさは全く変わっておらず、むしろ相手が勝手に自滅して勝ちが転がり込んできているような印象が強いのです。

 強いて言えば、エース清水を除く投手陣が踏ん張っているため、打線は低調でも守りきって勝つことが出来ているという面はあります。小宮山が既に2勝を挙げるという嬉しい誤算もありましたし。

 ただ、いつまでも流れだけで勝ち続けるようなことは出来ないでしょうから、内容の方の向上にも目を向けて欲しいものです。実際、観ていても勝ち試合であってもそれほど面白く感じませんし…。

投稿者 JIVE : 23:40 | 雑談・雑記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jive.pekori.to/blog/tt_tb.cgi/805

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ