2007年4月2日

2 PEACE@LOVE / KOTERA CANAKO SUMIYA MIKI

 相変わらず体調がダメっぽいのでアルバム紹介を。

 先日の「ファルコムライブ2007」で買ってきたもう一枚のCDです。5曲入で価格は1,300円と、微妙にお買い得感があります。一応プラナ エンタテインメントからの発売ではありますが、ライブ会場以外での発売予定については決まっていないようです。

 既にこのユニットとしての活動は4月の東京・大阪でのライブを最後に終了することが決まっているのですが、この2人がそれぞれファルコム作品のヴォーカル曲に参加していたりしますので、今後もファルコムの楽曲での共演は見られるかも知れません。

 収録内容については、メジャーデビューを目指してNTV系「歌スタ」の最終プレゼンで歌った「星の体温」や、各自の自作などとなっています。

 「歌スタ」では結果的に「デュエットであることが今一つ生きていない」という理由で不合格となったわけですが、その原因の一つは実はこの「星の体温」という楽曲にあったのかも知れません。作詞を元プリンセス・プリンセスの中山加奈子氏が担当し、作曲はプロデューサーの鎌田雅人氏という豪華な顔ぶれで作られていて、確かに良い曲だとは思うのですが、他の収録曲に比べると何故かハーモニーが今一つ綺麗に聞こえないんですよね。

 恐らく2人の声を最大限に引き出そうとしてヴォーカルパートをほぼ半々に割り振ったのだと思うのですが、他の収録曲のように片方がメインヴォーカルを担当して、もう片方がそれにハモるという選択肢もあったのかも知れないと思います。ファルコムの楽曲ではこのパターンを採用していて、この方がハーモニーが綺麗にきこえるのです。

投稿者 JIVE : 22:27 | 音楽

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jive.pekori.to/blog/tt_tb.cgi/782

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ