2007年8月22日

VOCALIST 2 / 徳永英明

 今日の甲子園は高校野球の決勝でした。昨年は駒大苫小牧の田中と早稲田実業の斎藤による壮絶な投手戦となりましたが、今年もある意味劇的な幕切れとなりました。今年は広陵と佐賀北の対戦でしたが、素人目で見てもチーム力は明らかに広陵が上。実際試合でも7回まではほぼ一方的な展開で広陵が4-0とリードしていました。ところが8回裏、球審のストライクゾーンのばらつきが感じられたこともあり、佐賀北が押し出しで1点を返した後、何と満塁ホームランが飛び出し、結局4-5で佐賀北が勝ってしまいました。恐らくこの両校が10回対戦すれば、7〜8回は広陵の方が勝ちそうに見えますが、1回勝負の高校野球ならではの結末だったと思います。

 さて、話題を変えて今日もアルバム紹介。先日の「VOCALIST」とセットで入手した、「VOCALIST 2」です。

 コンセプトは前作「VOCALIST」と全く同一。選曲の傾向も大きくは変わっていません。「いい日旅立ち」「なごり雪」辺りはやはり誰が歌ってもそれなりに形になってしまう曲であることがわかりますが、「未来予想図II」「M」辺りは少々曲として無理を感じます。「for you...」についても、元の高橋真梨子が上手すぎたこともあり、かなり印象が希薄な曲になってしまっています。

 前作との比較では、少々前作よりも無理を感じる選曲が増えてしまっている辺りが残念でしょうか。選び方そのもののセンスは良いと思うのですが、歌い手とのマッチングについても考慮が必要なのではないかと思います。

投稿者 JIVE : 23:12 | 音楽

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jive.pekori.to/blog/tt_tb.cgi/930

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ